お茶の里笠原
検索
  • ochanosatocasahara

ご縁が繋いだ移住と古民家再生


福岡より笠原へ移住を決められた、原口朝木さんとRupert Singletonさん。

ご結婚を機に移住されるにあたり、笠原にある築140年ほどの古民家を住居に決められました。

古民家再生専門の一級建築士、岡村修さんを中心に家屋の再生が行われているなか、みんなで楽しく作業をやれたら、と「土壁塗り」のワークショップが行われました。

土壁の土から掘り出します。

掘り出した土と藁を混ぜて、土壁の素材を作っていきます。

足で踏みつけながら土を捏ね、しばらく寝かせれば土壁の素材が出来上がりです。

たくさんの参加者の方が訪れ、賑やかで和む雰囲気の中、壁塗りが行われました。

原口朝木さん(左)とRupert Singleton(右)さん。

古民家再生専門の一級建築士、岡村修さん。

Rupertさん、原口さん、岡村さんの3人で、家屋に設置する薪ストーブをホームセンターにて購入している際に偶然テレビの取材を受け、古民家再生の密着取材が始まったのだそうです。

いろいろなたくさんのご縁が繋いでいるように感じるこの物語、まだまだどんどん繋がり進んでいきそうです。


126回の閲覧

Copyright©お茶の里笠原 All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon