お茶の里笠原
検索
  • ochanosatocasahara

再び紡ぐ暮らしの拠点


お茶の里笠原に甚大な被害を及ぼした平成24年の九州北部豪雨災害から7年。災害の爪痕を消す為の復旧工事は落ち着きを見せ、次の歩みは新たな関係性と文化を紡いでいくこと。山村の人々の生きる力と山の暮らしに魅せられた私たちは今、築100年以上の古民家を再生させて新しい暮らしの拠点をつくっています。

今回は家と共に時間を紡ぎ暮らしを支えてきた”茅葺納屋”の空間をアレンジ。 再生中の古民家やアレンジした納屋の空間で、やわらかなコミュニケーションと丁寧な「食」を楽しみました。


0回の閲覧

Copyright©お茶の里笠原 All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon